2008年07月27日

乳製品@生卵

生卵

□賞味期限□(保存適温で保存したとき)
・市販品→約2週間
・夏→採卵後16日
・秋春→採卵後25日
・冬→採卵後採卵後57日
割ったらすぐに食べましょう
※もしひびが入ってしまった場合には、賞味期限を気にせず、すぐに消費するようにしましょうexclamation

□適切な保存状態□
・10℃以下
卵に付着しているサルモネラ菌は10℃以下だと増殖が遅くなるため
・とがったほうを下にして
卵には上と下があり、とがったほうが下です。
・パックに入れたまま
卵の殻にはサルモネラ菌がついていることがあります。
その菌を冷蔵庫内に散らさないようにしましょうひらめき
・洗わないことあせあせ(飛び散る汗)
洗ってしまうと卵の殻の表面にある穴(気孔…卵の呼吸する穴)から雑菌が入ってしまい、逆に腐りやすくなります!!ふらふら
洗うのは料理の直前にしましょうexclamation汚れが気になるときはふき取るのが正解ですぴかぴか(新しい)
・ドアポケットは避ける
ドアポケットは開け閉めするたびに卵に振動が走って、卵にとってよくありませんもうやだ〜(悲しい顔)

□よいものの見分け方□
残念ながら卵は外側から見ただけでは鮮度を見分けることができません。
割ったときに、ぷりっとして盛り上がっているものが新鮮です。
もし卵白のぷりっとしているところを確認できない卵は食べないほうがいいといえます。ふらふら
また、冬などは割ると卵が濁っている場合があるかもしれませんが、それは腐っているわけではなく、新鮮な卵である証拠です。
新鮮な卵は呼吸を活発にしているため、二酸化炭素を含んでいます。
それが低い気温などで白く濁って見えるのです。
そのため、食べてもまったく問題はありません。
【関連する記事】
posted by みゃこ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 賞味期限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。